好みで分かれる時計のベルト

腕時計のベルトというのは、好みでタイプが両極端に分かれるものではないかと思われます。方や革および合成皮革タイプ、もう一方が金属でできたタイプです。どちらにも好みとする理由がそれぞれあり、メリットとデメリットの両方あることから、一概にどちらがより利便性がいいとは言えないものがあります。むしろ、ここはどちらかといえば好みで選ぶのが、一番大事なのではないかという気がするほどです。とはいえ、TPOをわきまえて時計をする必要がある場合に備えて、いくつかの異なるベルトパターンを揃えておくと安心です。女性なら、かわいらしい雰囲気やエレガントな装いにしたいときは、ブレスレットタイプのベルトがお勧めです。一方で、就活や仕事できっちりとした印象を与えたいときは、皮、もしくは金属のどちらでもいいですが、しっかりと腕に留まっている状態がベストです。

コスパから考える時計のベルト

毎日つけたり外したりする腕時計のベルトというのは、意外と傷みが早いもので、交換の際のコストパフォーマンスも考えて選んだ方がいいかもしれません。革や合成皮革の場合、どうしても留め金を留めるための穴部分の革が折れやすくなりますので、一定期間はめたり外したりを繰り返すとくたびれてきます。くたびれてきたベルトというのは、時計そのものがいくら高価でもどことなくみすぼらしく見えてくることから、定期的に取り換えをする必要があるという認識のもと、購入する必要があるでしょう。一方、金属製のベルトであれば、留め金部分が弱くなってきてもまた直してもらえたりと、耐久力には優れているといえます。好みの問題もありますが、コストパフォーマンスを最優先にして考えるなら金属製にした方が、取り換えの必要性は少なくて済むでしょう。

時計はベルトによって大きく印象が変化

時計は既存のベルトが一番センスよく出来ています。でもそれでは人と同じになってしまいます。なので、ここを変えてあげると、全く違った印象になります。世界で一つだけの自分だけのオリジナルの時計が完成します。皮革でできているものや、金属の物など、色々な種類があります。本体との兼ね合いもあり、太さや素材で印象は大きくちがってきます。長年使っていて、ベルト部分が切れてしまって新しいものに交換するときには、今までは違ったものを選んでつけてみると、また新しい気分になります。新しい商品を購入したような気分になります。ここの部分でかなり印象は違ってきます。適度に気分転換で交換すると、ちょっと気分も上がってきます。本体を購入するということになるのですが、この部分だけなら手軽に購入できてイメージも印象も変えてくれます。

時計ベルトの裏地もアルサベルという上質な子牛革を使用しています。 柔軟性の高い革の特性を十分に生かした時計ベルトを作っています。 ウェブサイトにて革のお手入れ方法や修理についてご紹介しています。 自社工場をもちひとつひとつ手作業で皮革製品を作っています。 イセタン羽田ストアターミナル1、2や銀座三越店などにカミーユ・フォルネのCFコーナーがございます。 時計のカラー別でベルトを探すならカミーユ・フォルネ